掃除する前の準備が大事

掃除する前にコード類や家具の配置に工夫が必要

ルンバは、いわゆる「自動お掃除」ロボットで、本当に綺麗に掃除をしてくれるので非常に便利なわけですが、移動の邪魔になる障害物を「自動」でどかす機能は付いていません。

 

ですから、動かし始める前に、例えば、

  • 家電等のコード類を持ち上げる(常に浮かしておく工夫をする)
  • イスをテーブルから出して、他の部屋や広い場所に移動させる
  • 床に置いてあるものをどかしておく

といったような事前準備が必要になってくるのです。

 

自分で掃除機をかけることを思えば大したデメリットとは言えないかもしれませんが、ルンバを使う上での一番大変なことは、人間が行わなければならない、この事前準備の手間だと思います。

 

もし私が「デメリットを教えてください」と聞かれたならば、この点をマイナスポイントとしてあげると思います。

 

コード類

掃除機をかけていた時には、コード類に関して、あまり気にしていなかったので、特にテレビの裏などは配線とホコリが絡まり合っている汚い状態でした。

 

ですが、そのままではルンバが入り込んで掃除ができないということで、常に床から浮かしてある状態に工夫するようにしました。

 

邪魔なコード類

 

工夫と言っても大したものではありません。

 

画像にあるように、テレビやビデオのコード類を、よくある白いバンドで一つに束ねて、テレビ台の隙間に突っ込むことで浮かしてあるだけです。

 

もっと綺麗にやりたい方は、100均に行くと色々なコード収納系のアイテムが売っていると思いますので、そちらを活用してみましょう。

 

常に床から浮かしておく状態にすることで、ルンバを動かす前にわざわざコードを浮かす手間も省けるので、この工夫は一石二鳥の効果があったと思います。

 

イスなどを移動させる

ルンバは自分のボディが通れる範囲であるならば、狭い隙間にも入り込んで掃除をしてくれますが、そうはいっても環境を整えてあげた方が効率的です。

 

例えば、テーブルの中に椅子の足が入り込んだ状態だと、テーブルの下にたまってしまう綿ぼこりを綺麗に掃除できませんが、イスを出しておいてあげるだけで、机の下はもちろん、椅子の足裏に付いた綿ぼこりも綺麗に吸い取ってくれる活躍を見せてくれるようになります。

 

椅子もどけておく

 

イスを移動させる場所は、ルンバが掃除をしない部屋の方が良いのかもしれませんが、そうすると足裏についた綿ぼこりもキレイにできなくなってしまいます。

 

ですから、やはり同じ部屋の広い場所に移動させるのが一番効率的なのかなと思っています。

 

床に置いてあるもの

どこのご家庭にも、何かしら床に直接置いてあるものがあると思います。
例えばゴミ箱なんてそうですよね。

 

置いてあるままでも、ルンバは上手に避けて周囲だけを掃除してくれますが、どかしておいてあげた方が効率的です。
もしかしたら、これが一番手間に感じるかもしれませんが、ルンバの力を発揮させてあげるために人間の手でどかしてあげましょう!


購入前に役立つルンバ比較まとめはこちら!