ホームベースは必要?不要?

隅々まで掃除するならホームベースは不要です

ルンバ700シリーズには、ガンダムで言うと「ホワイトベース」的な存在である「ホームベース」という付属品が付いてきます。

 

ホームベース

 

これは、どのような役割を果たすのかというと、ルンバが掃除を終えた時に、その部屋の中にホームベースを置いてある場合は、自動的にその場所を感知して、本体を戻すことができます。

 

さらに、ただ戻るだけではなくて、まさに「基地」のように充電も行なってくれるのです。
これを「自動充電機能」と言います。

 

しかも、最後にホームベースに戻っていく姿が、とてもカッコイイんですよね。
まさにロボットという感じがします。

 

ここは動画で撮影しておきましたので、実際の姿をチェックしてみてください。

 

 

本当に基地に戻っていくロボットみたいですよね。私も初めて見た時は感動しました。

 

ですが、メリットとデメリットがありますので、ご自分のライフスタイルによって使い分けてみてください。
この記事の後半でも書いていますが、無くてもルンバは自動で掃除を終えますので、使わなくても良いものなのです。

 

メリット

ホームベースを使うメリットとしては、自動充電機能が付いていますので「充電し忘れを防止できる」ということが挙げられます。

 

手動でするとなると、たまに忘れてしまって、使いたい時に使えないということがあるからです。
また、スケジュール機能を活用して、毎日タイマー予約をしている方も必須です。

 

おそらく、自分でルンバの充電をするタイミングなんて無い方でしょうから、

  1. ずっとホームベースにルンバを置いておいて
  2. スケジュール機能でセットした時間が来たら勝手に起動
  3. そしてまたホームベースに戻って自動的に充電

という流れで掃除を全自動化させておくやり方が良いと思います。

 

デメリット

デメリットとしては、その周辺をルンバが掃除してくれない。ということにあります。
バーチャルウォールの付属品と同じで、ルンバはホームベースの周辺30センチくらいを掃除してくれません。

 

なので、部屋の隅々までキレイにできないということになります。
私の場合は、これが嫌ですので、既に箱の中にしまってしまいました。

 

基本的には、自動充電機能さえ利用しなければ使わなくても困ることは何もありません。
充電は使いたい日の前の晩にしておきますし、この使い方で問題ないと思っています。

 

本当に必要かどうかは、実際にホームベースを使ってみて、ご自分で判断されると思いますので、参考意見として覚えておいてもらえたらと思います。


購入前に役立つルンバ比較まとめはこちら!