ルンバを動かしている時の音はうるさい?

使用時の稼働音は?夜中でも掃除できるの?

夜家事派の人にとって、夜中に掃除機をかけることは「音がうるさくて近所の方に迷惑かな?」と常に気を使ってしまうところですよね。

 

そこで「ルンバが静音設計」と知って購入を検討されている方も多いと思います。
口コミでは「赤ちゃんが同じ部屋で寝ていても起きない」というようなものもあります。

 

当サイトでは、実際にルンバを動かしている時の動画を掲載していますので、聞いて確認して頂きたいですが、正直それで確認したとは言え、動画で聞く稼動音では、現実に使えるかどうかの判断に限界があります。

 

音は静かなの?

 

そこで、デシベル数値(dBA)という、掃除機の運転音の大きさを表す指標がありますので、ルンバと他の一般的な掃除機を比較してみました。

 

おそらく口コミなどの感覚的な意見や動画で確認する稼動音よりも、デシベル数値で比較することが一番、真実味を感じられると思います。

 

私も実際に比較してみて、まさに妥当な値だと感じることができました。

 

デシベル数値の比較

それでは、さっそく「デシベル数値(dBA)」を比較してみましょう。

  • ルンバ:52.1
  • 掃除機A:60
  • B:57
  • C:61
  • ダイソン:65〜75

数字の感想を書く前に、続けてルンバを動かしている時の稼動音を動画で確認して頂きましょう。

 

 

 

ルンバの運転音のまとめ

上記の「デシベル数値」と「実際に動いている時の動画」を確認されてみて、どう判断されたでしょうか?

 

私は「ルンバは、これまで使っていた掃除機よりも、ほんの少しだけ音が小さいな」という感想を持っていたのですが、実際にデシベル数値を比較してみると、まさにその感覚に近い数字が出てきました。

 

ここで私が言いたいことは、「静音設計」と書かれたり、「赤ちゃんが寝ていても大丈夫」と言われたりしていますが、「無音に近いような過剰な期待は禁物ですよ。」ということです。

 

使ってみた感覚からすると、マンションのように気密性の高い部屋(隣人の話し声や上の階の人の足音が聞こえない)でしたら、深夜にでもルンバは使えると思います。

 

ですが、やはり普通の掃除機でも夜中に使うと音が響いて苦情が来てしまう部屋の場合は、ルンバだからといって使えるかどうかは微妙なところかもしれません。

 

昼間使う分には、これまで使っていた掃除機よりも音が小さくなって快適だと思いますが、夜中に使う場合は「劇的に静かになるわけではない」という点を考慮して、購入を検討してみてください。


購入前に役立つルンバ比較まとめはこちら!